StraaS Sync 多プラットフォームの同時ライブ

同時に10プラットフォームでライブし、Facebook、YouTube、Twitchや他にRTMPを使うライブプラットフォームへ支援でき、一回で全ファンの目を奪う。

StraaS Sync

需要に応じて月額で使用
他の設備購入はいらない

StraaS Syncは需要に応じて購入できるほかに、月額支払いだけで、他の設備を購入必要はない。しばらく使わない場合は、サービスを一時停止すればいいので、重い初期投資や機会費用はない。

使用は簡単
もとの人員や作業手順をそのまま使用

事前にプラットフォームシンクロの情報を入力し、現場はライブストリーミングをStraas Syncに入力すれば、システムは自動的にストリームを全プラットフォームにてライブします。あらゆる人力、設備の下準備、作業の手順は一つのプラットフォームでする時と同じで、他プラットフォームで複雑にならないのです。

t('sync.feature.title4')

マニュアルで同時ライブ数を変更

StraaS Syncは100%の調整を支援し、ライブ中でマニュアルでライブを追加/削除できます。追加完成すれば、StraaS Syncは動画を該当のプラットフォームでライブ放送し、他のプラットフォームに影響は生じない。同じく、特定のストリーミングを削除すれば、他のライブに影響しないままそのプラットフォームでのライブを停止することができます。

たった4ステップで同時ライブ

2

StraaSにログイン、ライブイベントを開設

3

ライブシンクロプラットフォーム情報セッティング

4

先開設したライブイベントストリーミング番号で、同時ライブを開始する

FAQ

  • なぜ多プラットフォーム同時ライブが必要ですか?

    貴社はファンページ、Youtubeチャンネルを経営しているか、あるいは自分の内容サイトがあるかという、二箇所以上で運営しているのであれば、ライブのコスパを最大にするために同時ライブを見直すべきです。

  • ライブの作業手順の調整や人員訓練が必要ですか?

    いりません。StraaS Sync ではもとの作業手順を変える必要がない、ライブ開始の10分前にプラットフォームシンクロの情報を入力すればいいです。

  • スタッフの増加やソフト/ハードウェアーの追加購入は必要ですか?

    いりません。StraaS Sync でもとの人員やソフト/ハードウェアーを使えば同時ライブは可能です。

  • 大量の初期投資コストが必要ですか?

    いりません。ご自身の需要でStraaS Syncクラウドサービスを購入でき、月額だけです。しばらく使わない場合はサービスを一時停止すればいいので、重い初期投資や機会費用はない。

  • ライブ中にプラットフォームを追加/削除できますか?

    できます。StraaS Sync のUIでプラットフォームの追加/削除情報を入力すれば、システムは他のライブ中のプラットフォームを影響しないまま指示を遂行します。